ページを正常に表示するには JavaScript を有効にする必要があります。

nephy.jp 利用規約 第五版

初版 制定 平成28年3月29日

初版 施行 平成28年4月1日

第二版 改定 平成28年6月26日

第二版 施行 平成28年7月1日

第三版 改定 平成28年7月29日

第三版 施行 平成28年8月1日

第四版 改定 平成28年9月22日

第四版 施行 平成28年10月1日

第五版 改定 平成30年4月3日

第五版 施行 平成30年5月1日

第1条(目的)

この利用規約(以下、「本規約」と言います。)は、Nephy Project Team(以下、「本団体」と言います。)が提供する、すべてのサービス(以下、「本サービス」と言います。)の利用条件を定めるものです。本サービスをご利用になる皆さま(以下、「ユーザー」と言います。)には、本規約に従って、本サービスをご利用いただきます。

第2条(適用)

本規約は、ユーザーと本団体との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。ユーザーが、本サービスの利用開始の時点で、本規約の内容に承諾したものとし、以後、本規約に拘束されます。

第3条(利用の範囲)

本サービスが配信する、情報および一切のコンテンツの利用範囲は、私的利用を目的としたことを前提に限ります。ただし、本団体が別に認める場合はこの限りではありません。

第4条(プライバシー)

本団体は、ユーザーのプライバシー情報並びに個人情報について、別に定めるプライバシーポリシーに従い処理を行います。

第5条(決済)
  1. ユーザーが、本サービス内でのサービスの利用代金、その他ユーザーが負担する費用等を本団体が指定する支払方法で支払うものとします。
  2. ユーザーは、決済会社が定める規約等に従い決済会社と契約を締結するものとし、ユーザーと決済会社との間で紛争が生じた場合、ユーザーの責任で当該紛争を解決するものとし、本団体はこれに関与しないものとします。
  3. 決済手数料(ただし、本団体が指定するものに限ります。)は、発生する場合に限り、ユーザーが負担するものとします。
  4. ユーザーは、本団体に対し、理由の如何を問わず、支払い済みの代金の返還を請求することはできないものとします。
第6条(広告等の情報)
  1. 本サービスには、一部、「Google Adsense」を利用した広告を掲載している箇所があります。ユーザーは、これら広告に関する問い合わせは、直接、広告主に申し立てなければなりません。
  2. 本団体は、本サービスに掲載される、広告によって生じる損害について、一切の責任を負いません。
  3. 「Google Adsense」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
第7条(禁止事項)

ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の行為をしてはなりません。

  1. 法令または公序良俗に違反する行為。
  2. 他のユーザー・第三者または本サービスの財産、信用、並びにプライバシポリシー第2条で定める個人情報、および履歴情報および特性情報の掲載などによるプライバシーを侵害する行為。
  3. 本サービスのサーバーまたはネットワークの機能を破壊・妨害したりする行為。
  4. 本サービスのコンテンツの改変、結合、リバースエンジニアリング、解析等の行為。
  5. 本団体のサービスの運営を妨害する行為、及びそのおそれのある行為。
  6. 本サービスの全部または一部を転載または複製する行為。
  7. 本サービスの提供しているサービスに関連して、反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為。
  8. 営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為、性行為やわいせつな行為を目的とする行為、面識のない異性との出会いや交際を目的とする行為。
  9. 宗教活動または宗教団体への勧誘行為。
  10. 無限連鎖講(ネズミ講)、マルチ商法に関連または助長する行為。
  11. 極めて特有の思想に偏らせることを目的としたプロパガンダに該当する行為。
  12. 本団体の書面による事前の承諾なしに、利用契約上の地位あるいは本規約に基づく権利若しくは義務を第三者に譲渡し、あるいは担保に供する行為。
  13. 別に定める、規定に違反する行為。
  14. その他、本団体が不適切と判断する行為。
第8条(本サービスの提供の変更、停止等)
  1. 本団体は、ユーザーに通知することなく、本サービスの内容を変更することができるものとし、これによってユーザー及び第三者に生じた損害について一切の責任を負いません。
  2. 本団体は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとし、これによってユーザー及び第三者に生じた損害について一切の責任を負いません。
    1. 本サービスに係る、コンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合。
    2. 地震、落雷、火災、停電または天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難となった場合。
    3. コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合。
    4. その他、本団体が本サービスの提供を困難と判断した場合。
第9条(知的財産権等)
  1. 第3条で定めるものを除き、本サービスおよび本サービスに関連する一切の情報についての著作権、およびその他知的財産権はすべて本団体、または本サービスにその利用を許諾した権利者に帰属し、ユーザーは無断で複製、譲渡、貸与、翻訳、改変、転載、公衆送信(ただし、送信可能化を含みます。)、伝送、配布、出版、営業使用等をしてはなりません。
  2. 本サービスを構成する文章、画像、プログラム、その他のデータ等(ただし、画面に表示されるテキスト、写真、グラフィックを含みます。)についての一切の権利(所有権、知的財産権、肖像権、パブリシティ権等)は、本団体又は当該権利を有する第三者に帰属します。
第10条(利用制限および登録抹消)
  1. 本団体は、以下の場合には、事前の通知なく、ユーザーに対して本サービスの全部もしくは一部の利用を制限し、またはユーザーとしての登録を抹消することができるものとします。
    1. 本規約のいずれかの条項に違反した場合。
    2. 本団体からの問い合わせやその他の回答を求める連絡に対して30日間以上応答がない場合。
    3. その他、本団体がユーザーによる本サービスの利用を適当でないと判断した場合。
  2. 前項各号のいずれかに該当した場合、ユーザーは、永久に本サービスに対する一切の債務について既存の利益を失い、その時点において負担する一切の債務を直ちに一括して弁済しなければなりません。
  3. 本団体は、本条に基づき本団体が行った行為によりユーザーに生じた損害について、一切の責任を負いません。
第11条(免責事項)
  1. 本団体は、本サービスに事実上または法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。
  2. 本団体は、本サービスに起因してユーザーに生じたあらゆる損害について、本団体に故意若しくは重大な過失がある場合を除き一切の責任を負いません。
  3. 前項における損害の賠償については、当該の損害が発生した時点における過去1ヶ月間において損害を受けたユーザーから受領した利用料の額を上限とします。
  4. 本サービスに関して、ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について本団体は一切責任を負わず、当事者同士によって解決しなければなりません。
  5. 本団体は、本団体の解体によって生じる損害について、一切の責任を負いません。
第12条(損害賠償)

ユーザーが本規約に違反した場合や、不正もしくは違法な行為によって本団体または本サービスに損害を与えた場合、当該ユーザーは本団体の請求に従い直ちにこれを補償しなければなりません。

第13条(通知または連絡)
  1. ユーザーと本団体との間の通知または連絡は、本団体の定める方法によって行うものとします。
  2. 本団体は、本団体の解体が決定した際、事前の通知なく解体を行うことができます。
第14条(本規約の改定)
  1. 本団体は、本規約の改定の必要があると判断した場合には、ユーザーに事前に通知した上で、本規約を改定することができるものとします。
  2. 本団体は本規約を改定する際、規約の改定を発表してからそれを施行するまでに猶予期間を設けるものとします。
  3. 本規約が改定された際、その施行後に本サービスを利用した場合は、改定後の規約を承諾したものとみなします。
第15条(準拠法・裁判管轄)
  1. 本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。
  2. 本団体に関して紛争が生じた場合には、東京地方裁判所もしくは東京簡易裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

以上